HOME >

開発環境

Windowsでウェブ開発をおこなうための環境をいろいろ試します。まだまだ実験中

Windowsでの開発はあきらめました。 Windowsでの開発環境を整えることも可能ではあるのでしょうが問題があった場合に 解決方法を探る手間とか考えると素直にGNU/Linux環境を用意するのが一番いいと思います。

Windowsでの開発環境を整えられる人ってGNU/Linuxについても詳しい人な気がします。 GNU/Linuxに詳しくない人こそGNU/Linux環境を用意するのが。

ハードウェア
おすすめのノートPC。正直SSDならなんでもいいと思うけどWindows10はProにしておいたほうがよい。
ディレクトリ構成
Windowsでウェブ開発を行うための環境を考え中
PackageManagement
Windowsパッケージ管理ツールのデファクトスタンダード?ChocolateyとかNuGetなどのパッケージマネージャーのインターフェイスrを提供する。
ssh
サーバーと安全に通信する。telnetはもう閉じてる。
git
バージョン管理ツール。ちょっと前まではSubversionが主流だったんだけど完全にgitが主流になってますね。Linusさんマジ偉大すぎw
Dropbox
複数のデバイスでファイルを同期。Windows、Linux、Mac用のクライアントがある。
MySQLWorkbench
MySQLデータベースの設計やリバースエンジニアリングが可能なアプリケーション。
NexusFont
フォント管理アンドビュアー。いくつか使ってみて一番好み
NexusFile
explorerがクソ過ぎるので代替。機能的にはxplorer2 Liteでもいいがデザインでこれに決めた。

過去利用ツール

XAMPP
動的なホームページ製作に人気なオープンソースのソフトウェアであるApache、PHP、MySQLなどを一括で誰でも簡単にインストールできるアプリケーションです。
Subversion
バージョン管理ツール。主役はgitに譲ったとはいえ、まだまだ利用する機会は多い。DreamweaverでせっかくサポートしたAdobeは涙目か。
SyncToy
同期化アプリケーション。主にY:\とZ:\のバックアップに利用する。バッチ処理が可能。
Eclipse
総合開発環境。スタンドアローンで使えて、何でも出来る汎用性によりメインツールに。
gVim
エディタ。vi/vimのGUI版。Eclipseが重くて使い物にならない貧弱な環境でも利用する。Linuxの標準エディタなので覚えておきたいので。
UnixUtils
UnixのコマンドをWindowsで利用できる。なんとなく入れている状態。